| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
ロッタちゃん安らかに・・・
昨日、毎日の日課ですが、朝5時ぐらいに、父の寝床まで階段を駆け上がって、父を叩き起こし、普通にいつも通り散歩に行きました。ここまでは元気でした。

たまたま昨日は父が休みでしたので、ワンズの朝ごはんを用意していたところ、
いつもなら、早く欲しいとキッチンで騒ぐのに、先住犬だけが騒いでいて、
ロッタは静かだったそうです。

私たち夫婦は仕事でした。

朝ごはんをいらないと言ったので、おかしいと思い、父と母が病院に連れて行ったところ、熱はなく、咳もしないが、肺に雑音がしたので、軽い肺炎ですと言われて、点滴の注射と抗生物質をもらって帰ってきたそうです。なにかの中毒性のものではないと言われました。

お昼ごろ母から「ロッタが肺炎」とメールをもらい、折り返し電話したところ、
今は、2階にも上がっていったし、ソファにも飛び乗ってスースー鼻息立てて寝てるし、
いつもより元気はないけど、大丈夫だよとのことでした。

ところが、16時過ぎ、ロッタが嘔吐したので、
大変だと見たら、もう舌がだらーと出て、あっという間に死んでしまったと。

ドラム缶みたいだった体もそこそこ痩せて、犬嫌いでワンワン吠えまくっていたけど、すこしずつ克服して、少ないけど犬友もできて、ドッグランでも知らない犬とうまく過ごすことができたり家庭犬として成長しました。
先住犬の黒ラブラルゴとは、姉弟か、親子と間違われるぐらい仲良くなったのに。

先住犬の年下のラルゴをいっぱい甘えさせてあげて、顔を甘噛みされても怒らなかったし、
ワルイこともいっしょにして、
(仏壇のお菓子の盗み食いとか、キッチンにおいてあったキャベツを丸ごと食べちゃうとか)いつも、なんでも一緒でした。

ロッタができたから、ラルゴも体をブルブルしてと言ったらできるようになったし、散歩から帰ってきて家に上がるときに足を拭くのに足を上げて協力してくれたり。全部ラルゴに教えてくれました。
先住ネコともうまくすごせて、ノーテンキ、オバカラルゴとは違い、賢かった。
表情でキモチを伝える名人でした。

とりとめのない長文ですが、このメールを書いている脇にロッタがおり、
まるで寝ているかのようで、イビキが聞こえてくるんじゃないかって。

27日のオフ会に参加する予定でした。
昨日肺炎というメールを母からもらった時、「大事をとって、参加できないかもしれないなぁ」っておもっていました。まさかこんなことになるなんて夢にも思いませんでした。

ロッタを助けるために、ご尽力くださったケンの家の皆様にも本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
楽しくすごさせてあげたかったのに、1年も経たず、死んでしまうなんて、
本当に悲しいです。


ご家族様からメールをいただきました。

ロッタちゃんはS様が声をかけてくださらなければ殺処分が決まっていた子です。

沢山の愛情をありがとうございました。

ロッタちゃん・・・又会える日まで・・・

ロッタちゃん 最期に家族と一緒で良かったね。

ご家族様本当に本当にありがとうございました。
$ケンの家 神奈川本部  一匹でも多くの命を救いたい!
スポンサーサイト

お別れ | comment 1 | trackback 0 Top ↑

Comment

可愛い澄んだ綺麗な目をしてますね。ロッタちゃん、幸せだったと思います。ロッタちゃんの冥福をお祈りいたします。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。