| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
クック・・・ごめんね。
クック
昨年の11月25日からトライアルに出ていましたが・・・

(新しいご家族様に慣れてから譲渡に伺っています)ちょっとクックの譲渡には時間がかかってしまいました。ごめんなさい。

約束していただいた事が守れないとの事で・・・

引き取って下さい。と・・・


ワクチンの事なんです。


ここで皆様にも考えていただきたく記事にさせていただきました。


イギリスは狂犬病ワクチンの接種義務を廃止
 
日本は狂犬病ワクチンは年に1度、強制接種
※清浄国では、予防接種をしないというのが世界の流れです

オーストラリアとニュージーランドでは、
狂犬病の予防注射は法律で禁止されています。

イギリス、オランダ、アイルランドおよび北欧諸国は摂取義務を廃止しました。

スイスも国内にいるだけの犬は受けなくてよくなりました。
    
狂犬病が蔓延しているアメリカでは、3年に1度です。
 



      

フレンドの遺言状 ~ それでもあなたはワクチンを打ちますか?

獣医師・本村伸子先生の本です。

毎年、義務のように行われている混合ワクチンや狂犬病ワクチンの接種、
安全だと思われているペットフードについての誤解と真実を記、
犬の健康を願うすべての人にとってのバイブルとなる健康飼育ガイドです。

蚤・ダニ予防の怖さも知ってください。

フィラリアの薬の飲ませ方なども・・・

本村先生は狂犬病ワクチンを3年に一回にする運動の署名も集めていらっしゃいます。
㈲コロで検索してみて下さい。

こちらもご覧下さい。
エンゼルペットクリニックさん


どうか皆様もわが子を守るためにも勉強してみませんか?


クックは(前庭障害なんですが)私達にわかりやすく先生は脳梗塞と話してくれています。

そのクックにワクチンを打つと言われ説明をさせていただきましたが引き取って下さいとの事で・・・

クックに申し訳事をしてしまいました。クックごめんね。本当にごめんね。

いろいろな考え方があります。

ですが・・・ケンの家では老犬や病気の子を多く保護して色々勉強をさせていただきました。

東洋医学だけでは治せない事も実感しております。

飼い主さんが今まで当たり前に思ってきた義務よりも動物達が健康で一日でも長く大好きな家族と暮らしていく事を願っています。

助けられた大切な命

救う事の出来なかった子の分までも健康で長生きして欲しい!


今後も希望者様にはこの事をご理解いただき守っていただける方にケンの家の子をお願いしたいと考えております。

どうぞよろしくお願い致します。

クックの様子はとても落ち着いています。
まるであのまま我が家にいたように・・・

明日、写真で報告させていただきます。
スポンサーサイト

ブログ | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

特にウチの子は反応が高くて、毎年「死んじゃうじゃないか?」という恐怖と闘ってきました

猫は、ほぼ100%腎不全になりますが、ワクチンが起因しているとも言われています

また、ワクチンは獣医や製薬会社の儲けの為でもあります

混合ワクチンである事も不自然で、既に抗体ができてるのに、単体ワクチンになってないから無駄に打たれてしまいます

日本は金儲けの為に、医学の進歩を見て見ぬフリしてるみたい

考え方も、動物の為ではなくて、人間の為のワクチンなんですよね
いつも本当にありがとうございます。

私も不勉強のため
なんとなくではありますが
ワクチン、フード等いろいろなことに
不安や不信感があります。

日本はまだまだいろいろな意味で
人間の都合のいいように
システムが作られている気がして…。

狂犬病ワクチンを打たないという考え方は
ともすると犬猫を愛する方々にも
引かれてしまうところがあり難しいです。

愛する子たちを守るために
もっともっと勉強をしていかなくては
いけませんね。

これからもいろいろと教えてください。
よろしくお願いします!
早速、ご本を取り寄せて、ママと熊太郎とジャスミン猫姉さまと一緒に読みました。

目から鱗がはがれかけ・・・U^ェ^U

も一度か二度、必要なところを読んで納得したいと思います。

ママは、ボクがワクチン受けれないことを常に心配していましたが、
ココロが少し軽くなったとも言ってます。

良いご本を紹介してくれて、ありがとうございましたU^ェ^U
こんにちは。

我が家のワンにゃんにはワクチンは年に一回とは決めていません。

私も毎年一回打つ必要があるのかとても疑問です。

接種するリスクが怖いなと思ったりしています。

チワワのすももには 狂犬病ワクチンを2年振りに打ちました。

にゃんに関しては外に全く出ないので三年位は打ってません。
そろそろ打とうかと思ってます。

ただホテルに泊まる場合には必ず証明書が必要なので困りますね…

保護っ子達は我が家の子ではないので私だけの判断でとなると難しいなと思ってしまいます。。。。

ナッキーちゃんのフィラリアの注射も中止しようと思ってます。
一回打ってかなり辛そうな彼女を見て決めました。

ママさんには接種前にお話しを頂いてましたが、やはり止めることにしました。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。