| Main | All |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
幸せになるはずが・・・
3月11日

そうです・・・東北地方太平洋沖地震が起きたその日に川崎のセンターから保護した柴犬の

リッキーくん

あの日の事は今でも鮮明に覚えています。

あの時は自分自身の事でいっぱいいっぱいになってた私達ですが・・・

原発であの福島であのような恐ろしい事になるとはあの日の私達は夢にも思っていませんでした。



本題に入ります。

リッキーがトライアルをスタート出来る・・・

その日を愛知支部の代表もどんなに待ち焦がれていた事でしょう。

横浜にお住まいのご夫婦様が老犬でも小さめの柴犬なら・・・と言ってくださり

これでリッキーも幸せになれるねって・・・


病院でチェックも済み・・・いざ出発・・・

広いお宅に広いお庭・・・

お手伝いさんもいるお宅なのでお留守番もありません。

リッキーだけをかわいがってもらえる。

色々お話しをさせていただいてる間もお庭に出たりお部屋を探検したり・・・

リッキーは嬉しそうにしていました。

ケンの家 神奈川本部  一匹でも多くの命を救いたい!
ケンの家 神奈川本部  一匹でも多くの命を救いたい!


好き嫌いの激しいリッキーに食事の事もお願いして・・・

又近い内に様子を見に伺います。とそのお宅を出て車に乗ろうとした時です。



きゃぃ~ん・・・



なに?この声は?・・・

振り返ると・・・

道に横たわったリッキー・・・

身体が震えました。

2階のお庭から落ちてしまったリッキー・・・

すぐに駆け寄りリッキーを抱きしめママさんに病院に行きます。とだけ告げて・・・

口からは血が出ている手も足も痛みがあるようで・・・

運転する手が震え・・・目には涙で前が見えない。


病院に着き内臓を強く打ってる場合は4日~5日経たないと分からない場合があると言われました。

そのまま入院。(今日で3日目です)

病室で静かに眠るリッキーを見て何度も何度も謝りました。

どうか元気に帰ってきて。

リッキーはケンの家の老犬ホームの子になる事になりました。

明日、又会いに行ってきます。

今は元気にしているそうですが・・・食事は食べないそうです。

こんな経験は初めてで今でもあのリッキーが目に焼きつきキーを打つ手が震えます。


新家族様にもご心配をおかけして申し訳ありませんでした。


リッキーこれからもいっぱい楽しい事しようね。

頑張って帰っておいでね。

スポンサーサイト

ブログ | comment 4 | trackback 0 Top ↑

Comment

どうして幸せを目の前にしてこんな事が起こるのだろう…悲し過ぎます(T_T)
リッキーちゃん痛かったね…びっくりしたね…

帰ってくるんだよ!
ママ…お願いします(T_T)
私のブログでも報告させていただきました。
マロママ、リッキーをよろしくお願いします。
不慮の事故ですね。
残念すぎる。

リッキーちゃん!!きっと大丈夫!!
リッキー!これからだよ!!!
幸せ掴んだのに…。

リッキー君、必ず元気になって帰って来てね!

待ってるよ…!

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。